金沢出張の巻 その2

<せせらぎ通り 猩猩>
いつも行っている柿木畠は、あらかた行き尽くしたので、太田和彦さんがおススメしていた「猩猩」に、電話を入れてみるとOKだという。
せせらぎ通りに面しており、なかなかいい雰囲気。
(※お店正面と玉子寒天よせは球わかばさんのブログから引用許可 https://tamawakaba.exblog.jp/23724097/)

a0206577_10014315.jpg




ほほー、ここがそうか。やっと来たぞ。
店内はカウンターと小上がりのテーブル席。
そのテーブル座敷には大学生?とおぼしき男女が10人ほど。
騒がしさを通り越して、大声で話す嬌声の大合唱に閉口する・・・・
(ここは君らが来るようなお店じゃないんだけどなあ・・・)

少々テンション落ちつつ一番奥のカウンターに案内されてメニューに目を通す。
日本酒の取り揃えは予想通り、いいものをおいている。
これはというものをオーダーしたが、背中の合コン集団があらかた「食い尽くした」ようで売り切れ・・・うーん、来る日を間違えたか(-_-;)

突出しは玉子の寒天よせ
美味しい♪
a0206577_10013611.jpg
芋焼酎のロックでちびりちびりやって、するめの一夜干し。
a0206577_10012718.jpg
お酒はこの冬、輪島に仕事に行ったので、「千枚田」を燗酒で。
a0206577_10010451.jpg
鴨ロースのハーフサイズをオーダー、旨かった。
a0206577_10011819.jpg
女将が小声で(今日はごめんなさいネ)(いえいえとんでもない、お店繁昌が一番ですから)と受け答え。一時間ほどしてやっと彼らが退店。ふぅーやっと静寂が戻り、大将とお話。その中で、なんと旨酒かむなびと、お付き合いがあるという。しばし話が弾む。

女将に(大学生のコンパ?)と問うと(いえいえ社会人の合コンです、ほんまにごめんなさいねー、うるさかったでしょ)と心遣い。なるほど、あの嬌声はそういう意味か(笑)

またの再訪を約束してこちらも店を出る。ごちそう様でした♪
加賀野菜の揚げ出し 食べたかったなー
金沢港直送のお刺身盛り合わせ食べたかったなー
きゅうりのいしる漬け 食べたかったなー
フグ卵巣の糠漬け 食べたかったなー

次回はぜひ、亭主と日本酒談義に花を咲かせたい。

酒房 猩猩
営業時間 17:45~23:00
定休日 日曜日 但し連休の場合は最終日休み
住所 〒920-0961 金沢市香林坊2-12-15
電話番号 076-222-2246


<いいお店発見>
お店を出てほどなく・・・ん、やけに格好いいお店を発見。
店名がザ・ゴッドバーガー。
a0206577_10002371.jpg
店内には客はおらず、オーナーらしき若者と奥様?だけ。
聞くとまだオーダーできるとの事(金沢はお店が閉まるのが早いきらいがあるので)

見ていると、バンズも炭火で焼いている!バンズが美味しいお店はアタリの法則w
店主おススメのバーガーがこちら。
本格的なハンバーガーやん、まさか金沢で、こんなお店があるとわw

すかさずビールを頼む。おー、ニューキャッスルのブラウン。
a0206577_10002335.jpg
ビールをぐびぐび。バーガーをがぶり、ジュワーと旨みが口の中に広がる。
どこのお店か教えてくれなかったけど、東京のハンバーガー専門店で修業を積んできたらしい。このハンバーガーってさ、高山のCENTER4 HAMBURGERSのと同じ位、美味しいよというと、(マジっすか、それほんまに嬉しいです)と答える。
a0206577_10002640.jpg
いや、ぶらぶら歩いてみるもんです、いいお店をまた発見してしまったw


●The Godburger(ザ・ゴッドバーガー)
住所:金沢市香林坊2-12-10 せせらぎ通りパサージュ1-A
電話番号:076-225-7537
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日


<スズヤ電子パーツセンター いやさか>

で、対面をよく見ると、あのお店があるじゃん(爆)
a0206577_09595191.jpg
串揚げ いやさか
金沢には散々来ているがまだ土地勘がないのだ。


せっかくなのでこのお店も紹介しておきます。

いやさかさんは気軽に入れる串揚げのお店チェーンだが、せせらぎ通り店が一番雰囲気がある。

大阪のモノマネではない、オリジナル串もたくさんあるし、遊び心もあるお店。

主だった品目の中でこれはというものを紹介
a0206577_09595521.png
メニューつづき
a0206577_09595545.png
・マストなのが「ガリささみ」で、ささみ肉の間にガリが挟んであって、甘さと酸味がアクセントに効いておりクセになります。

・生麩(100円)
金沢と言えば生麩が名物。
食感もっちもちでおいしいですよ。そして火傷注意~(笑)

・栗むしようかん(150円)
これも変わりダネですが、チャレンジしてみてください。オススメです。
小松を代表する銘菓、松葉屋さんの栗蒸しようかん「月よみ山路」の串です。切っても切っても栗が入っているほど栗がゴロゴロですから、食感ホクホク~。加熱することで羊羹の甘さも開くので、結構甘いですが〆にぴったり。

赤たんざくには冗談みたいなワインが・・・
ドンペリは50000円(笑)頼む人、いるんかなw

なお赤ウィンナーは大当たりの刻印があれば、もう一本というサービスも。
お店のFBからの写真引用ですが、こうしたキャンペーンをときおりしているようです。
a0206577_09595179.jpg
当たり串はこんな感じらしいです・・・
a0206577_09595119.jpg
季節によってはノドグロの串もあり。



076-260-5594
石川県金沢市長町1-3-57
http://www.kushiage-iyasaka.com/

[PR]

by yuzurin77 | 2018-05-30 10:11 | 石川 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yuzurin77.exblog.jp/tb/238551885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。