日本酒ゴーアラウンド2016⑤台所やまなか(木津市場内)

若い頃は、「京都自閉症」(笑)、そんな大阪なんかに行くのは得体のしれない魔界都市にいくような感覚だった。
しかし、いろいろな仕事上のつながりから少しづつ大阪に行きかえりする中で、東京にはないなんとも言えない「ここち良さ、温かさ」が沁みる町になった。巨大都市東京に比べれば多分、10分の1位の規模しかないから、湧いてくる情報も掌の上に乗りやすい。

んで、日本酒。ある意味、日本酒を知り、上質の居酒屋、あるいは居酒屋という範疇にありながら上質のお出汁と料理を展開する山中酒店との出会いがなかったら、これほど日本酒の世界に足を入れることは無かったと思う。
山中酒店の迷路のような4階にあるお店、へっつい、まゆのあな、谷四の味酒 かむなび、燗の美穂、ここちよ・・・・息子さん経営のお店もあれば、山中酒店から独立していくお店も多数。いずれも、魚の扱いと野菜の扱いや知識の豊富さ、そしてもちろん日本酒の知識も縦横無尽だ。そういえば会長の顔も、もう忘れかけている。それ位、行ってない。

夕暮れの木津市場。以前はゴミゴミした市場で、ほんまに汚れた感じやったのにいまは清廉された市場に生まれ変わっていた。
今回の台所やまなかは、その一角にあった。
a0206577_14122353.jpg
今回は山形の
磐城壽からのラインナップ
a0206577_14122159.jpg
この夕刻の時間なので突出しは
①「3種類から選べる付きだし・・・①たっぷり魚介、根菜、庄内麩、海の男の漁師汁は売り切れ
②生麩と胡桃、山形秘伝豆のずんだ和え
a0206577_14115570.jpg



More

# by yuzurin77 | 2016-10-18 14:20 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

日本酒ゴーアラウンド2016④心斎橋 うなぎだに

4軒目は、大箱の立飲みながら、店員さんの接客サービスが高く評価されている「うなぎだに」さんへ。
a0206577_13140331.jpg
振る舞い酒は兵庫の奥播磨の芳醇超辛赤ラベル
a0206577_13142479.jpg

突出しは合鴨スモークの炙り・鰻蒲焼き・海老煎餅ポテサラ添え の3品盛。
a0206577_13141889.jpg
鰻の蒲焼串が出てきました。




More

# by yuzurin77 | 2016-10-18 13:27 | Trackback | Comments(0)

日本酒ゴーアラウンド2016③愛酒でいと&「日本酒うさぎ」

この日三軒目は愛酒でいとなどのイベントを仕掛ける日本酒うさぎさんへ。
a0206577_11473887.jpg




More

# by yuzurin77 | 2016-10-18 12:08 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

日本酒ゴーアラウンド2016②大阪の日本酒シーンを牽引する蔵朱

自分で「グルメ地下鉄」と呼んでいる谷町線に乗車。ここは中崎町、天神橋筋商店街、谷ヨン、谷ゴ、空堀商店街など自分の大好きなお店が目白押しの路線。
谷四で降りて、農人橋目指してテクテクと歩く。

昨年、どうしても行けなかったお店「蔵朱」さんへ。
ビルの2階を登ると運よく席が空いていた。
突出しは鯖の燻製・鶏肝オイル漬け・南京と白花豆炊き合せに、振る舞い酒がなんと燗酒♪メチャうれしい。
a0206577_11265021.jpg
十旭日や、辨天娘もいいけど、竹鶴は重厚な味わい。
お酒のメニューはこちら
a0206577_11270359.jpg
ゴーアラウンド限定の小笹屋も呑んでしまった(笑)※写真なし
蔵元さんと、広島太田川での鮎釣りの話をしばし、楽しみました♪

蔵朱




# by yuzurin77 | 2016-10-18 11:45 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

日本酒ゴーアラウンド2016①はちどり(都島区)発酵食と能登酒の妙

今年の日本酒ゴーアラウンドは、新たに神戸も参戦し規模も大きくなってきた。
昨年に引き続き、大阪を選択。
市内に固まっている地域は後まわしにして、少し離れた場所から攻めてみる事に。
選択の際に判断するのは、突出しに何を出してくるのか事前に調べ、魅力的なお店かどうか判断しています。

自分としては早めに到着したと思ったのに甘かった(爆)
お店は満員、多数の待ち人・・(-_-;)
30分位まってやっと入店。
a0206577_11500550.jpg




More

# by yuzurin77 | 2016-10-17 12:06 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

秋のロケハン 

ものの本に、淡海湖という人造湖があるという事を発見し、高島フリークとしては是非、行かねばとロケハンをかねて行ってきました。
箱館山スキーリフトの横から林道へ。入り口にゲートがあり、冬期は走行禁止になるかもしれないですネ。
ぐんぐん高度を上げて、峠へ。
眼下には今津の街並みとパッチワークのような田畑。しかし、靄がひどくパキっとした絵には程遠い。
伊吹山と手前の竹生島が墨絵のようだ。
a0206577_11244071.jpg
太陽光の湖面もかなり眩しい
a0206577_11260363.jpg
風に乗るトンビがゆっくり。しかし、このカメラとレンズではこれが限界。
a0206577_11261839.jpg
しばし休憩を終えて、心細くなるような林道を下ると・・・草ぼうぼうの淡海湖。唯一、湖と撮れる地点。
水位もかなり下り、回りも緑で秋の兆しには程遠い。まあ、ロケハンってこんなもん。空振り気分で帰路に。
a0206577_11312068.jpg
落石、倒木、猿多し!タイヤを傷つけると大事になります。なぜって、ドコモの携帯でもアンテナが立たなかったので。

# by yuzurin77 | 2016-10-17 11:32 | 星・空・風景 | Trackback | Comments(2)