膏薬辻子 高松→まだ入ってませんが(笑)

先日の宵宵宵山で我がコミュの「祗園祭裏道を行く・・」の町歩きのイベントの際に、膏薬辻子の神田明神の隣を見ると(食べ歩きが趣味の人は「緒方」の対面と言った方がわかりやすい?)、なんか新しいお店が出来ている・・。
a0206577_21313247.jpg


夜が6400円と、なかなかお安め^^
a0206577_21315644.jpg



豪雨と激しい雷に見舞われた日だったが、観光客の方がダメもとで入っていったが、あまり知られていないせいか、OKだったようで喜んでいました。
a0206577_21312883.jpg


機会があれば入ってみますネ♪

by yuzurin77 | 2013-07-29 21:33 | 和食 | Trackback | Comments(0)

Twitterの構図と京都

最近、はじめたTwitterで感じるのだが、商売も含めて自分のサイトへの誘導路として使っている例が多い。
もちろん、その事自体はまったく批判する事でもなく、むしろ「自然な流れ」と云っていいだろう。

しかし、Twitterは文字通り「つぶやく」という事がコンセプトであるわけで、ある種の「いいかげんさ」が一方で持ち味となっているのは否定しがたいが、どうだろう?個人で発信するのであれば「まあ、ええやん」となるが、立派なロゴを持ち、WEBサイトを持っている京都情報「通?」サイトがこれではマズイんじゃないの?という話である。

誰も知らない京都とか、あるいはこんな美味しいお店がありますよとか・・・それはそれで、どんどんやって下さいな・・とは思うのだが、
・平安神宮の「南」にくろ谷・真如堂という「街」があります
 南ちゃうし(笑)、町は使うけど、街は使わんし。

あるお店の位置を指し示すのに、
・「烏丸新町にあるこのお店は・・・」
オイオイ、烏丸通りも新町もタテの通りやで。→該当者からは後で丁寧な訂正がありましたので、まだ応援しておきましょう。

始末が悪いのは、京都情報通発信元が、いかに脆弱なものなのかを「通常の観光客」は見抜けないという事だ。

平安神宮の南は、あえて言えば粟田学区だが?南に下っても、永久に黒谷さんには辿り着けない(笑)
いまだに、この某有名サイトからは、訂正もなし。さすが大手印刷会社の若者グループがやっているサイトだけの事はある(笑)

by yuzurin77 | 2013-07-25 17:59 | その他 | Trackback | Comments(0)