Booかあちゃんのトスカーナ料理

高級イタリア料理?は、ほとんど食べないオイラです。
もともとイタリア料理は愛すべき家庭料理だという認識があるので、今の「高級化」したイタリアン(もしくはフレンチっぽいイタリアン?)には何の興味もありません。
イタリアンはもっと身近で、できればイタリアの各地方の郷土料理を供するお店だったらなおいいのになと思っています。

ここBooさんのお店は、ぬくもりを感じるトスカーナ家庭料理のお店。
四条烏丸から歩いて5分の観音堂町の小さな通りには飲食店がひしめき合っている通り。オイラはこの界隈は10店舗ほど制覇w
いつも夜な夜なこのあたりを歩くとこのお店は、ガラガラだった事がない。いつも満員のお店なのですが今までなかなか入る機会がありませんでした。
東急ハンズに行くついでに初めて入店してみました。
a0206577_19240239.jpg


More

by yuzurin77 | 2014-06-30 19:32 | Yuzutime(イタリアン) | Trackback | Comments(1)

森シェフと打ち合せ

昔の割烹というのは、カウンターが主体で、旬のもの、定番ものをお客が勝手に頼んでいたし、「お品書き」にないものも、注文をして花板さんとのある意味「キャッチボール」を楽しんでいたものだった。
今のようにコースが出来たのは、グルメブームからの影響が多い。
「美味しかったね」「じゃあ、次のお店に行こう」・・・これではお店は育たない。
また、お客の側も、いつまでたっても「うるさい客」にはなれないのではないか?

来年のオフ会の打ち合せに森シェフが率いる「京都ネーゼ」に行ってきた。
三条木屋町の角なので、場所はわかりやすいはず。
a0206577_21344879.jpg


More

by yuzurin77 | 2012-09-12 22:02 | Yuzutime(イタリアン) | Trackback | Comments(1)

ちょっと食べ歩き・・Ca'del Viale(JR二条駅近く)

仕事が忙しく、食べ物関係のデータがだいぶ溜まってきてしまいました。

さて、今回は、とっておきのイタリアンです。
このお店の前身は二条通御池西にあった「クチーナ・イル・ヴィアーレ」というお店でした。渡辺シェフは若くても京野菜を上手にアレンジするこのお店はかなりの評判を呼びましたが、手狭となり閉店し、Ca'del Vialeを含め3店舗を展開するようになりました。

カ・デル・ヴィアーレは、二条駅にも近く、そんなに不便な場所ではありません。
a0206577_197501.jpg



有機野菜を使う・・という事は最近はどのお店もしていますが、ここの有機野菜はマジに美味しいんです。しかも、お値段も安い!
a0206577_198016.jpg


おすすめは、お昼のランチブッフェ。2500円で、好きなアラカルトを好きなだけ堪能できます。こんなお店、市内にはありません。11時30分には2階のブッフェ専用スペースに上がりましょう。次ぎから次と、前菜からメインまでかなりの数がどんどん出てまいります^^メインは12時20分頃に出てきます。デザートとエスプレッソまでついて満足。
a0206577_1981358.jpg




住所:京都市中京区西ノ京千本三条西入ル北側
営業時間:(昼)11:30~14:30(L.O14:00)
     (夜)18:00~22:00(L.O21:30)
電話:075-812-2366      定休日:月曜

by yuzurin77 | 2010-03-28 16:29 | Yuzutime(イタリアン) | Trackback | Comments(0)

ちょっと京の食べ歩きvol.6 イタリアン 美郷

今日は、この後、春一番が吹き荒れるそうです。
春を感じるパスタを食べようかな?と堺町松原下ルにあるレストランテ美郷へ。

a0206577_13462791.jpg



何回来ても、迷う~wところに隠れ家チックにあります。
カウンターで2500円の毛利シェフのランチをいただきました。
注意をしたいのは、後ろは絶対に見ない事!!
ワインがぎょーさんあるので、目の毒です。ランチなので、お冷だけで、無理やり納得させましたw

前菜も彩り鮮やかで、美味しかったです。
パスタは駿河湾からとれとれの桜エビ・・ぷりぷりのエビにレモンで味付け♪ いつもながら見事なパスタです。(手打ち麺にしてもらいました)
a0206577_1346411.jpg



メインはお肉・・省略w
ドルチェをいただき、頭がシャキーンとなるエスプレッソを飲んで満足のランチでした^^
a0206577_1347282.jpg

by yuzurin77 | 2010-02-25 15:45 | Yuzutime(イタリアン) | Trackback | Comments(0)