雨の勝林院・宝泉院(その2)

いままで知らなかったのだが、勝林院さんはお寺の本尊も含めて全て写真がOKという事を聞き、びっくり。
本堂で声明を聴きながら、ゆったりとした時間が通りすぎてゆく。
a0206577_14521246.jpg





めったにこんな事はないので露出調整をしながら何枚も写してしまう自分が情けないw
最初、ここらへんのお寺さんは皆、天台宗で三千院の塔頭だと勝手に思っていたらこれが大間違い・・

この勝林院こそ、ここらへんの「元締め」なのですって。
宝泉院は、勝林院の塔頭、実光院も勝林院の子院だそうです。さすが天台声明の根本道場だけのことはある。はるか昔、法然上人と有力僧侶たちの「大原問答」での激しいやり取りがいま、そこでやられているような錯覚に陥ります。(ちなみに三千院の上の方にある来迎院さんはなんと延暦寺の別院なんだって( ̄□ ̄ ;)アセアセ)つまり三千院さんは、この地では「新参者」だったわけですね。

本堂に入ります・・・
文治元年のこの大原問答の(念仏により極楽往生出来るか)の時、大光明を放たれて念仏衆生摂取不捨の証拠を現されたということから、このお堂を証拠堂と呼ぶようになりました。

まずは脇を固めるのは不動明王立像
a0206577_14525059.jpg


a0206577_1453694.jpg


本尊の阿弥陀如来さま。。。美しい仏様です
a0206577_1453125.jpg


a0206577_14531580.jpg


そして毘沙門天立像
a0206577_14532445.jpg



重く暗い雨の天気でしたが、ワクワクな時間を過ごせました♪
a0206577_14533241.jpg



さて、大原のわっぱ堂さんへ。
実は昨年、ここに来るはずだったのですが、オフ会当日まさかのアクシデント。
わっぱ堂さんが熱を出して倒れてしまったのです・・
なので、その時に参加しながらもこれなかった会員さんも居られて、今回はひとしお。
a0206577_14535538.jpg


すでに囲炉裏端では鮎の焼ける香がたちのぼり、期待大です♪
a0206577_14535665.jpg


こんな新たまねぎや、オニギリがおいしそう
a0206577_14535684.jpg


出された料理です
a0206577_14535570.jpg


a0206577_14535749.jpg


a0206577_14535482.jpg


大原野菜やら、アツアツのピザやら、オニギリも、みんな美味しかったです!
ごちそう様でした♪

by yuzurin77 | 2013-06-21 22:50 | 京都 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yuzurin77.exblog.jp/tb/18003928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。