中田昭先生とフィールドワーク写真教室

a0206577_2242797.jpg


昨日から入梅となり、本日の第3回デジタルカメラ講座は一時はどうなる事かと思ったが、開催時刻には小雨にかわり、なんとかスタートした。
a0206577_22422163.jpg



本日は、京都の写真と言えば、水野克比古先生と同様に著名な中田昭先生をお呼びしてのフィールドワーク。
スタートは、雪舟寺としてしられる塔頭の芬陀院から。
a0206577_22421592.jpg



昨夜の激しい雨でホコリが流れさり、苔が光り輝くような按配だ。参加者は総勢11名。この日のために一眼レフを買って臨んだ会員さんも居られるjほどだった。かと云って、コンデジ参加者を軽んじているわけではなく、先生は、優しくアングルの撮りかたなどを伝授。新しい発見があったのではないかと思う。
a0206577_2243036.jpg


中田先生がこられたという事で、お寺の方からはとびきり美味しいお茶や、「雪舟」という和菓子を戴き、恐縮してしまう。

光や、影、障子に映る緑のぼやけた色合いなど、実際に撮影をしながらヒントをどんどんと話をしていただく。
a0206577_2243559.jpg



前回参加された会員さんは、先生とのやりとりに慣れてきたのか、積極的に質問もされているようだった。
主催側としては、開催冥利に尽きる。

その後、東福寺境内に行こうとするが、普段は非公開の天得院の奥様に呼び止められて、案内をしていただう事に。中田先生、すごーい(笑)
拝観料もとらず、こちらもさらに恐縮。

雨に濡れた杉苔、まだ開花は先と思うが、桔梗が鮮やか
a0206577_22431925.jpg



それを優しく見守るチャボヒバの木・・桃山時代からの木だそうだ。
a0206577_22455230.jpg



途中から住職も帰ってこられて、いろいろ話を聞く。
机に映る緑のなんと趣きのあることだろう。
a0206577_22432368.jpg


そのあとは、東福寺境内へ。
一眼レフで撮影していると、対象に寄ろう、よろうという意識が働くが、すこし引いて撮影した方が結果、オーライにもなったりするそうだ。

オフ会全体の進行管理で忙しかったが、合間に撮影した写真を数枚アップします。

a0206577_22434624.jpg


a0206577_2244187.jpg


a0206577_2244462.jpg


a0206577_22444173.jpg

by yuzurin77 | 2012-06-09 22:50 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yuzurin77.exblog.jp/tb/15527542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。