【京の街あるきvol.29 祇園祭Vol.Last 疫神社夏越祭】

本日をもって、祇園祭が終りました。前々回の屏風祭のおりに、杉本家住宅にお邪魔したときに、たまたま杉本家の当主がおられ、いろいろお話を聞いたときの話で「この一ヶ月間、仏間を閉じていた家々も、明日からは仏間を開ける」と仰っていました。アジアも含め、こんな宗教観のあり方は、日本だけではないかと思います。(仏教あり~の、神社信仰あり~のという意味でw)
a0206577_20362123.jpg


八坂神社の石段下の大鳥居をくぐると、「疫神社」があります。お昼は法金剛院を廻っていたので、もう、〆の祭は終っているようでした。
疫神社は、八坂さんの境内神社の一つで、祭神さまは、御存知の「蘇民将来」。参拝者は、大茅の輪を潜って、護符をいただきます。護符はもう時間的にいただけないので、参拝者は茅の輪を引き抜いて、お参りして、それがすむと、小さなな茅の輪を自分で作って持ち帰っています。

a0206577_20361151.jpg


この祭事をもって、祇園祭、終了です。

今年は、郭巨山をはじめ「山鉾」の御朱印は、5つのみ。来年も、一つ、一つの鉾を丁寧に見て廻ろうと思っています。
a0206577_20363633.jpg


帰りは、鍵善の「くずきり」を食べて、帰ってきました

by yuzurin77 | 2010-07-31 20:33 | Dreamtime(洛東) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yuzurin77.exblog.jp/tb/15467401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。