ちょっと食べ歩きvol.15 フレンチ キュイジーヌ ティアレ

ゆずりんの★二つ級のお店を今回は御紹介します。

東京から娘が仕事の途中帰ってきたので、「何が食べたい?」「ん~?フレンチかな」というので、キュイジーヌさんに電話して行ってきました。

 ここはいつも法律関係の得意先の人と打ち合せに使ってきましたが、最近はちょっと様変わり・・綺麗なオネーさんや、マダムが沢山入る店になってしまいました。
でも、相変わらずのアットホーム感は健在で、家族連れ(・・と言っても大学生や、社会人の子息、お嬢様)にも大人気。





後でマダムに聞くと、たまたま席が空いていたとの事。ひぇ~、そうだったのかwこれからは気軽にこれへんねと、言ったら、ゆずりんさんなら、都合つけますよと、ウソでも嬉しいお返事(笑)

選んだコースはディナーの一番安いAコース3900円。オイラのメインはいつものように魚、娘は肉。
激烈な仕事で、少し疲れ気味の娘に、この後、蛍を見せてやろうと、珍しくオイラはワイン抜き。
で、選んだのがキュイジーヌの名物。グレープフルーツジュース。気分だけは、トロピカル?ワイングラスに注がれて出てくるので、気分だけは赤ワイン・・・くぅぅ(泣)でも、うまいっす。



初めてこのお店に来た人は大抵、このアミューズの先制攻撃で、してやられます・・ズワイガニのフラン。カクテルグラスにはズワイガニのムースと、その上に蟹肉がたっぷり乗ったソースがかけられています。前年の冬は蟹を満足に食べられなかったけど、このアミューズが慰めてくれました・・それほど、うまい。

前菜は・スモークしたマグロと南仏野菜のジュレ サーモンのババロアコンコンブルソース
、金色に輝くヤマメの卵は、どのコース料理にも添えられる定番の脇役です。
a0206577_197320.jpg


そら豆の温製スープには、松の実を砕き、軽く揚げたものがちりばめられています。分量もかなりありますが、大変、クリーミーです。


ここのシェフ・・・多分、魚選びにこだわりがあります。(わたし的にも、フレンチで安易に「スズキ」を出してくるよーなお店はその時点で興味が半減です。)
過去食べた魚は、黒ムツ、ヒメジ。そして本日の魚は、鬼カサゴのポワレ・・・大丈夫なのか?3900円で?と思わず思ってしまいます。。ふっくら、熱々・・・そして、ソースのなんとうまい事か・・

a0206577_1971229.jpg


ライスペーパーで揚げた中味は、エビ・・お味噌もたっぷり溢れ出しています。。芸が細かすぎるw

娘が食べている牛ブリスケのラグーボルドレーズソースも、一口いただきましたが、美味しかったです。

メインに必ず添えられるのが、カボチャのムース。初めて見る人は、こんな可愛いカボチャがあるんだ~と誤解してしまうほど、美味しいんです。裏ごししてこの形まで成型する橋本シェフの努力は、改めて凄いな・・と思います。
a0206577_1971933.jpg


アシエット・デセールは、いろいろ。オイラの好きなマンゴーが出てきて幸せでした。
ワインが好きな人はチーズのセットを頼むといいでしょう。

何回か通うと裏メニューも出してくれますよ^^

お支払い時のサプライズも楽しいお店。ぜひ、どうぞ。

http://www.tiare358.com/

by yuzurin77 | 2010-06-11 12:00 | Yuzutime(フレンチ) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yuzurin77.exblog.jp/tb/13709492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。